• お気軽にお問い合わせ・ご相談ください
    TEL
    06-6360-6099
  • お問い合わせ

医師・歯科医師専門の
リーガルトータルサービス

緊急の問題が生じた際、顧問弁護士がいれば
初期段階で適切かつ迅速な対応を行うことができます

クリニックの経営上生じる様々な法律問題を
医師・⻭科医師専門の顧問弁護士が解決します。

クリニックの経営上生じる様々な法律問題を
医師・⻭科医師専門の顧問弁護士が解決します。

⾚⽊·⽥淵法律事務所では医師·⻭科医師の先生⽅の公私ともに良きパートナーとなるべく医師·⻭科医師専⾨のリーガルトータルサービスを提供しております。当事務所では多くの病院、個⼈開業クリニックの法律問題を取り扱っております。また、医療問題の法的紛争のみならず、医師·⻭科医師の先⽣⽅のプライベートな問題の解決についても多くのノウハウと実績を持っております。

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

お問い合わせ

6つの特徴

6つの特徴
01 いつでも、ちょっとしたことでも、気軽に相談できる、それが顧問契約により弁護⼠との深いつながりを持って頂くことの最⼤のメリットといえます。
02 緊急の問題が⽣じた際、顧問弁護⼠がいれば、電話、FAX、 E-mail あるいは直接携帯電話に連絡することにより初期段階で適切かつ迅速な対応を⾏うことができます。
03 継続的に相談や委任を繰り返すことにより、依頼者と弁護⼠の間に不可⽋な信頼関係を深めることができます。信頼関係の構築は、よりレベルの⾼い仕事を⾏う上での不可⽋な前提となります。
04 業界特有の問題につき、業界の内情に精通している弁護⼠に相談することができます。
05 病院経営上⽣じる問題のみならず、医師の先⽣⽅やご家族、知⼈の⽅の個⼈的な法律問題もご相談ください。
06 弁護⼠以外の専⾨家、例えば、公認会計⼠、税理⼠、司法書⼠、社労士などと連携しており、お客様が求められる法的ニーズに応じてご協⼒を頂いたり、ご紹介させて頂くことが可能です。
  • 相談は原則として、事務所にお電話いただき、事案によっては⾯談してご相談させていただきます。緊急の⽤件については、携帯電話にお電話ください。
  • 訴訟案件、交渉案件等については、ご相談のうえ別途弁護⼠費⽤をいただきます。その場合は、通常の2割引きの価格でご対応させていただきます。
  • ご本⼈様、ご家族様の個⼈的な訴訟案件等についても2割引きの価格でご対応させていただきます。
  • 従業員様、ご友⼈、知⼈の⽅をご紹介いただいた案件につきましては1割引きの価格にてご対応させていただきます。

ご利用料金

月額10,000(別途消費税)

  • 医師·⻭科医師専⾨の顧問契約です。
  • 経費により処理可能、銀⾏⼝座からの⾃動引落となります。

医療過誤問題

医療事故の場合、患者ご⾃⾝や家族において、感情的な問題が⽣じ解決を難しくしてしまうことが多くあります。初動時に不適切な説明・対応をしてしまったために、双⽅ともが不信感を抱き⻑年にわたる訴訟を続けているというケースもあります。 このようなトラブルを抱えないように、初期の段階で専⾨家にご相談されることをお勧め致します。

クレーマー対応

不当違法な要求、恐喝にあたるような⾏為に対しては、断固とした態度をとる必要があります。不当なクレームに対して、事務局のみならず医師の先⽣まで駆り出されて対応するとなると、医師の先⽣⾃⾝が多⼤な時間や労⼒を使うことになり、患者さんの治療という第⼀⽬的にも悪影響を及ぼすことになりかねません。そのため、そのようなクレームに対しては弁護⼠にご相談ください。

労働問題の相談

医師やスタッフの雇⽤、解雇、残業代請求といった法的トラブルに対する対応はもちろん、医院全体の⼠気を下げる問題社員への対応や、問題社員を⽣み出さない⽅法等に対する相談も対応しております。

事業承継

開業医の⽅にとっては、ご⼦息、ご令嬢への事業承継をお考えの⽅も多いかと思われます。当事務所では税理⼠と連携することによりスムーズな事業承継のアドバイスをさせていただいております。

医業及び周辺業への事業展開

医業経営のみならず、医業周辺業の事業展開をされる場合の会社設⽴、税務、労務についてのアドバイスもさせていただきます。当事務所では税理⼠、司法書⼠、社会保険労務⼠と協同することにより、窓⼝を⼀本化し、事業展開される場合の⼿間を省⼒化するサービスを提供させていただいております。

医業未収⾦の回収

弁護⼠の名前で内容証明郵便が届くことにより、債務者があきらめて⽀払ってくることも多くあります。このような督促をしても⼀切連絡がないような場合には、訴訟の提起も考えざるを得ません。 病院の体⾯や訴訟費⽤等を総合的に考慮して、病院側と⼗分に協議したうえで、どこまで⾏動するのか決めることになります。

交通事故相続など個⼈的相談

例えば、医師の先⽣やご家族の⽅が交通事故に遭われてしまった場合や相続問題が発⽣した場合、損害賠償を請求された場合、刑事事件に巻き込まれてしまった場合など、あらゆる個⼈的な法律問題についても、ご遠慮なくご相談ください。

セカンドオピニオンとして

例えば医療過誤訴訟について、医師会等の弁護⼠を利⽤する場合にも、セカンドオピニオンとしてご相談可能です。

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

お問い合わせ

体験談

CASE 1
退職スタッフとのトラブル

退職したスタッフからパワハラがあったと主張され慰謝料や残業代を請求され、どうしたらよいか困り、友達の医者に相談したところ、先生を紹介されて解決を依頼しました。即日、退職したスタッフに連絡をとってもらい、直接相手方の言い分を聞き取っていただきました。そのうえで、先生からは「パワハラと認定されることはない。残業代も認められる可能性は低いから安心してください」と力強い言葉をいただき、安心することができました。実際に、先生から退職スタッフにあてて、内容証明郵便を送ってもらい、一円も払うことなくトラブルを解決することが出来ました。

CASE 2
クリニックと無関係の交通事故に遭って

クリニックの経営とは全く無関係ですが、妻が運転する車に同乗中、信号無視をしてきた自動車にぶつかるという交通事故にあいました。すぐに先生に連絡を取り、「すぐにしなければいけないこと」についてアドバイスをもらいました。事故の相手方は警察に連絡せずに示談しようとしましたが、先生のアドバイスどおりきちんと警察に連絡し、少し大げさかもしれないと思いながらも救急車も呼びました。示談交渉も先生にお任せしました。おかげさまで、予想していたより大幅に多額の損害賠償を受けることが出来、ふだんから弁護士の先生と繋がっていてよかったと思いました。

CASE 3
クレーマーについて

詳しく説明するようにしていますが、まったくのクレーマーと思われる場合には、早期に顧問弁護士にふるようにしています。ふだんから依頼しているので、先生には電話で概要を説明して、クレーマーには弁護士事務所の電話番号を伝えます。その後、先生から報告を聞きますが、先生に毅然とした対応をしてもらうだけで、クレームが終わることがほとんどです。クレームに対応する時間ももったいないので、万一のときはすぐに弁護士に依頼できる安心感はとても有意義だと感謝しております。

CASE 4
従業員の家族の問題にも

クリニックで長年働いてくれているスタッフさんが離婚することになり、日々悩んで困っていることがありました。スタッフのことも顧問弁護士に相談してもいいのかと迷いながらも、お世話になっているスタッフのためにと思い、先生に相談してみました。スタッフの離婚の相談にも親身にアドバイスしてもらえたようで、スタッフからとても感謝していただくことができました。そのスタッフは離婚後の現在も当院で働いてくれており、当院の中心的なスタッフです。

CASE 5
医療過誤訴訟

まだ先生にお会いする前から、医療過誤訴訟で訴えられていました。医師会から紹介された医療訴訟専門の弁護士に依頼してお任せしていましたが、私への説明があまりなく、いつも不安でした。そんなときに低額の顧問弁護士制度があることを知り、すぐに契約しました。すでにお願いしている訴訟はそのままに、先生からもセカンドオピニオンをもらい、疑問点を質問することができました。訴訟については素人なので、じっくり教えてもらうことで、疑問が解決し、とても安心することができました。医師会に入っていても、ちょっとした疑問を気軽に質問できる弁護士がいれば安心して本業に打ち込むことが出来ます。

CASE 6
税理士のご紹介

開業当時からお願いしていた税理士がいたのですが、正直、いくつか不満もありました。とはいえ、特に他のあてもないのでそのままにしていましたが、少し勇気を出して、顧問弁護士を通じて他の税理士を紹介してもらうことにしました。弁護士の先生からは、数人紹介するから、遠慮せずに断ってくれても良いですよ、と言ってもらえてたので、気軽に税理士と会うことが出来ました。おかげさまで、当院のことを親身に考えてくれる税理士にも会うことが出来ました。今後なにかあっても、顧問弁護士を通じて他の専門家を紹介してもらえるのはとてもありがたいです。

事務所のご案内

〒530-0047 大阪市北区西天満4丁目4番18号梅ヶ枝中央ビル3階

地下鉄谷町線・堺筋線 南森町駅から徒歩7分

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください
TEL 06-6360-6099
お問い合わせ